スポンサーサイト

0
    • 2018.10.12 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    せぼね研究室  名古屋 慢性痛専門整体  火曜日10:00〜11:00は無料相談タイム 0523324171

    0
      せぼね研究室では毎週火曜日の10:00〜11:00の時間で背骨に対する質問、慢性痛への対処法などをアドバイスさせていただく時間を設けております。 予約などを押しつける事などはしませんので、お悩みの方は御利用ください。 慢性腰痛  慢性ひざ痛 慢性股関節痛 慢性頭痛  名古屋市中区の整体 せぼね研究室   筺0523324171

      膝痛の多くは股関節に起因する  名古屋 中区 せぼね研究室  052 332 4171

      0


        膝の痛む部分にはたくさんの組織があります。

        半月板、筋肉、靭帯、滑膜(=タナ)等。


        しかし、その初発要因の多くは、膝よりも上にある関節のバランスにあります。

        もちろん、膝を直接にぶつけた場合などは別です。


        特に多いのが股関節。現代の生活の中で股関節は歪みやすいのです。

        ・椅子で足を組む

        ・ソファでの横座り

        ・決まった横向きでの寝る姿勢

        ・偏った方向への運動(ゴルフ、野球、テニス)

        ・車の運転(右はアクセル、左は固定のみ)


        膝の関節は元々、噛み合わせが粗い部分。

        なので、膝よりも上のバランスが悪くなると、その影響をすぐに受け、噛み合わせが

        さらに悪くなるんです。そして問題が起こります。


        当院では、一般的な病院では検査しない股関節と腰に着目して膝痛に対して

        結果を出しつづけています。


        さらに、股関節の歪みをとる体操も指導し、患者さんが自律できるように働き

        かけています。


        「自分の体は自分で修正すべき」

        を合言葉に、施術しています。



        整体へ行っても戻ってしまう・・・という方。

        是非一度来院ください。再発しない方法を提供できると思います。



        052-332-4171で予約できます。 日、祝休

         

        せぼね研究室   

        初診合計7000円(税込) 
        2回目より5000円(税込)










         


        背骨の復習 〜頸椎篇〜  0523324171 Ken-整体研究所

        0

           


          今日は背骨の知識を。

          解剖は知っておいて損はありません。


          例えば首の骨。頸椎(=けいつい)。


          左の横から見た画像です。

          クリックで挿入

          頸椎は全部で7個あります。

          一番下の棘(=とげ)のみ胸椎(=きょうつい)と言う部分で、頸椎よりも

          1つ下の骨になります。


          腰椎と頸椎には前側への反りがあります。頸椎も写真の通り、

          20度程度の反りかえりがあるのが正常です。


          ストレートネックはこの反りかえりが無くなったもので、頭痛の原因に

          なったりヘルニアの原因になったりします。


          とにかくデスクワークはこの「反り返り」を無くす方向へ

          持っていくことが多いので、長時間のデスクワーク後は、

          写真のような「四つん這い」肢位を2〜3分間は行うことを当院では

          推奨しています。

          クリックで挿入

          反り返りの回復に役立ちます。


          0523324171 完全電話予約制

          日祝休

          Ken-整体研究所








          寒い時期 姿勢  具体例   名古屋  Ken-整体研究所  

          0

             


            今週から少し寒くなってきました。

            こんな時は、

            ・寒さで背中が丸まる

            ・寒さで肩が挙がる

            ・寒さで内またになる

            が「典型姿勢」例。



            日ごろから慢性痛(=慢性の歪み)で苦しんでいる患者さんは

            さらに症状が強くなることも多い時期。寒さからくる上記の身体

            反応により、歪みが助長されるからです。



            お風呂などに入って身体が温まれば、助長された部分に関しては

            軽減するのですが、やはり日ごろからのメンテナンスが重要。

            特に、背骨の「S字」は大切なのです。



            当院でおすすめしているポージングエクササイズ=四つんばい

            をこの時期は多めに行うと良いです。

            流れとしては、四つんばい→正座を朝、夜2回がベター。



            人の習慣は3〜4週で定着するといわれていますから、少々の

            根気は必要ですね。身体改善に魔法は有りません。



            Ken-整体研究所   

            052 332 4171 完全電話予約制


            日、祝定休

            施術料5000円 (初回のみ6000円)

            9:00〜12:00  16:00〜19:00














            身体のだるさは姿勢の悪さからも  名古屋 中区の整体  Ken-整体研究所  

            0
               

              夏バテ? で身体がだるい方。

              実は背骨の形が悪いかもしれません。




              特に首には人間にとって大切な中枢神経のである、脊髄が通って

              います。さらに、首部分の背骨は内腔が狭く、加えて首の脊髄は

              ので、首の形が悪いと影響(=圧迫される感じ)され易い。(ちょっと

              難しい?)



              通常、首には前彎という軽い反りがあります。

              スマホで下ばかり向く事で、前彎は消失してきます。



              このような状態 = 神経の通り・動きが鈍る = だるい症状  になります。



              こういった時、だるいからといってゴロゴロしていると余計にだるくなります。

              赤ちゃんのように四つん這い状態を3分し、その後に正座をして胸を張って

              みてください。2〜3回真面目に(笑)繰り返せば、背中の筋肉に力が漲っ

              てくるのが分かるはず。首に前彎ができてきた証拠です。




              特に朝、四つん這い+正座を行なっておくと一日楽に動けますよ。

              背中に力が入ると、身体は本当に軽くなるものです。




              騙されたと思ってぜひお試しを。




              K`s コンディショニング / Ken-整体研究所

              052-332-4171


               

              ぎっくり腰  57歳  男性   K`s コンディショニング (=Ken-整体研究所)

              0
                 

                こんにちは。

                今日は症例アップしておきます。




                中区からお越しの○下さん。57歳、男性。デスクワーク中心。

                6月中旬、腰部痛にて来院。まともに歩けない感じで、奥さんに

                支えられながら来院される。



                車からの降車が一苦労で、約10分の遅刻で入られました。



                腰椎は後ろに出ている感じで固まっており、正常であればあるはずの

                「前彎」が全くありません。



                「昨日、庭で3時間くらい、草むしりをしたんですわ。」

                この時期、意外と多いのがこのパターン。こういった行為はどうしても集中して

                しまうので、自分で時間を決めないといけません。




                また、ぎっくり腰というのは「筋肉の伸びすぎ」でもあります。

                前屈みの長時間姿勢により、腰周りの筋が限界まで伸びてしまったのです。




                なので、治療は伸びてしまった筋をとにかく縮める。そうしなければ、まともに

                歩けるようになるまで、3〜4日を要する時もあります。



                四つん這い→正座→四つん這い→正座を繰り返しつつ、背部筋の収縮を促す

                ような治療をしました。家では長い風呂アルコールは筋を緩める因子として

                控えていただきました。(=重要)



                2日連続で治療に来てもらい、完治。




                ぎっくり腰は筋を痛めてしまったのではなく、伸び過ぎてしまって痛いのです。

                長年に渡り、ぎっくり腰を繰り返している方は、一度ぜひ、お越しください。

                痛みの原因をしっかりと把握しませんか?



                052−332ー4171  予約ダイヤル








                ぎっくり腰にご注意を。  名古屋の腰痛専門整体  Ken-整体研究所

                0
                   

                  こんにちは。

                  GWも終わり、久しぶりに仕事を始める・・・そんな時に注意する事項です。




                  長い休みというのはもちろん、心身共にリラックスできますし、大切なことですが、

                  これが過剰になると「ぎっくり腰」になり易い状況を自分で作ってしまいます。




                  基本的に、「リラックス」=筋の緩みが起きます。



                  筋を緩ませるもの(行動)

                  1 アルコール(ビール等)

                  2 いつもより長い睡眠

                  3 いつもより長い風呂


                  休み中はどう過ごされましたか?




                  腰があやしい方は、今日一日、とにかく良い姿勢で歩きましょう。

                  それが一番の特効薬




                  筋の適度な緊張は人間にとってとても重要。

                  過剰に緩んでしまうことで「ぎっくり腰」=腰が立たない状態になるのですね。

                  今日、なんとなくカラダが重い人もぜひ!!




                  腰痛のことなら・・・Ken-整体研究所

                  0523324171

                  日、祝休   


                  誰でもできる  腰痛対処法集  名古屋の慢性歪み解消ジム  Ken−整体研究所

                  0

                     

                    腰痛にはいろいろなパターンがあります。


                    1  筋肉の疲労からくる・・・「筋筋膜性腰痛」

                    2  お尻の少し上にある骨の出っ張りが痛くなる・・・「仙腸関節炎」

                    3  早朝にやってくる激痛・・・「ぎっくり腰」

                    4  反ると痛い・・・「分離症、すべり症」

                    5  腰痛に足の痺れが伴う・・・「椎間板ヘルニア」


                    1  「筋筋膜性腰痛」は腰部周辺の筋を休めること。基本的に使い過ぎですからね。

                    あと、おそらく普段の姿勢も悪いですから、四つん這い(=わんちゃんの格好で3分)

                    や正座を多くすることで、「背骨のS字再調整」をしてください。


                    2 「仙腸関節炎」は、座っているときに足を組まないこと。うつぶせでお尻の

                    痛まない側の足を外へ挙げて(曲げて)寝ると楽なはず。さらにその格好で、伸ばさ

                    れている痛みのある側の膝を曲げ伸ばしすると効果倍増。


                    3 「ぎっくり腰」はとにかく動く方が良い。筋肉が弛み過ぎていますから、筋肉

                    を使った方が良い。両足に座布団を挟んで横向きで寝ていれば痛みはひいてくる

                    と思いますので、ひいてきた時点で四つん這いをひたすら行う。その後は正座で

                    過ごす。正座も楽になった時点で家の中をひたすら歩く。やってはいけないことは、

                    筋肉が緩む行為=アルコールの飲む、長時間の睡眠(いつもよりも)、マッサージ。


                    4 「分離症、すべり症」は病院で既に診断されていると思いますので、まずはお医者さん

                    の指示に従う。コルセットでの固定か腹筋の強化を課せられているはず。基本的には、

                    簡単に言えば、「体を前に丸める動作」をやっていれば悪くはならない。


                    5 「ヘルニア」は程度によって非常にリスクがありますので、病院での処置を既に行って

                    いると思いますが、日常でできることは「睡眠をしっかりとる」ことです。体を横たえ

                    ることで、椎間板への荷重が減り、回復しやすくなります。



                    いろいろな腰痛に対する簡易対処法でした。

                    少しでも参考になれば・・・。(簡単すぎて参考にならんかな〜 or  イラストが無いた

                    め分かりにくかったらすいません。笑)


                    Ken-整体研究所 http://www.ken-yuragi.com/index.html

                    お電話ください → 052 332 4171



                    臀部の痛み  名古屋の慢性痛専門整体  せぼね研究室    052 332 4171

                    0

                       

                      こんばんは。

                      今日は症例報告です。



                      天白区からお越しの○村さん。48歳、男性。

                      6ヶ月くらい前から左臀部(=お尻)に痛みが出る。

                      特に座っている時に著明。



                      「こういう風に座ると多少、楽なんですが。」

                      と言って、左足だけあぐらをかいたような肢位をとりました。




                      結論を言えば、この姿勢が楽であるのはそのように歪んでいるからです。

                      歪んでいるのは実は、「股関節」。なので、これは腰痛ではありません。

                      しかし痛む場所は近いですね。(注:腰痛の1つとして診断されることもある)




                      当院では、腰痛と股関節異常をしっかりと分け、治療します。腰痛に比べ、

                      股関節の修正は、たくましい筋が多くついているだけに少し時間を要する

                      こともありますが、根本的に真の原因を取れるので再発しません。




                      ○村さんの左股関節は大きく外側へ変異していました。車の運転や、あと、

                      趣味のパチンコなどで、左足だけあぐらをかくような格好で座っていたため

                      に外側へ向いてしまったのです。




                      治療はひたすら股関節を内側へもっていきました。単純です。お尻の筋近く

                      には坐骨神経という大きな太い神経も通っているので、しっかりと伸ばしました。



                      2週間で痛みが取れ、3週間で歪みがほぼ修正されました。合計4回の治療です。

                      自分で行なえる体操を必ず伝達しますので、最終的には患者さんご自身で痛みや

                      違和感をコントロールできるようになります。当院最大のメリットです。




                      せぼね研究室      お電話ください→0523324171












                       


                      ぎっくり腰  30歳  男性  Ken-整体研究所  名古屋

                      0
                         


                        今日は症例アップしておきます。

                        天白区からお越しの○木さん。30歳、男性。建設業。






                        12月3日、朝、ズボンをはく際に右腰にギクッときた。

                        そのまま動けなくなり、2日間仕事を休む。






                        「1年に3回くらいはぎっくりになります。」

                        どうやら10年来の症状らしい。

                        繰り返すぎっくり腰には特徴的な形があります。






                        ○木さんの腰を診てみると、腰に必要な彎曲が全く無い状態。

                        正常な背骨というのは、ローマ字でいうところのS字を呈しています。




                        キーワードは、「クッション」と「筋の締り」。




                        まず、人間の体を横から見た時の腰部分と首部分になければならない2箇所の

                        反り=クッション役。

                        1 正常な腰にある反りは、人間が動く際に「クッション」として働いてくれます。

                        クッションが無いと、椎間板や筋肉にビンビン響くことになり、細かい傷が

                        絶えません。




                        そして、筋の締り。丸まり背中の人は、しっかりと腰に力が入っていないのです。

                        実際には触ると硬いので、これはイメージが沸き難いかも。

                        2 腰に反りが無く丸まっていると、この部分の筋肉はギュッとなりません。

                        今、この時点でぎっくり腰のイメージをちょっと変えていただいた方が良いのかも

                        しれません。実は、ぎっくり腰時の筋は過剰に伸びきってしまって縮めない

                        状態なんです。いわば、よく履いたパンツのゴムのよう。(だから硬い)




                        こういった場合の対処を、電話でお問い合わせいただくことが度々ありますが、

                        まず、横向き寝が無難です。そのとき股に枕を挟むと良い。




                        少し動けるようになったら、四つんばいをすること。3分四つんばい→正座
                        →3分四つんばい→正座・・・ひたすらまず、この繰り返しをすることです。




                        マッサージやお風呂に入ったりは、余計に筋が緩み、症状が悪化することも

                        あるので、慎重に行った方がよいですね。




                        正座時に腹式呼吸を加えていけば、さらに良化すると思います。




                        ○木さんの腰にも明らかに彎曲が出現してきました。(この間3週間)

                        再発率は間違いなく激減。




                        当院では再発しないメソッドをお伝えし、患者さんの無駄な医療費を削減していくことを

                        最重要視しています。





                        しつこい腰痛、股関節痛、ひざの痛みのことなら・・・

                        Ken-整体研究所/腰痛・股関節快福クラブ

                        院長  木戸健一郎  理学療法士  整体師
                        御相談ダイヤル   052-332-4171

                        *病院で検査しても痛みの原因が分からない!!でも、十分に痛い!!
                        長い間からだの不快感が取れない!!何かがおかしい!!
                        という方、一度ご相談ください。

                        *各種養生法や予防法の効果は、方法(やり方)や回数
                        により違ってきます。必ず自己責任でお願い致します。

                        <完全予約制>おかげさまで大変込み合っております。
                        住 所:名古屋市中区富士見町13−19 八木ビル3F  木戸鍼灸院内
                        <名城線東別院1番出口を出て左へ→サンクス駐車場を横切り→そのまま北へ約3分>
                        <八木ビル下に「木戸鍼灸院」看板あり>
                        ビル裏駐車場あり(コインパーキング)

                        受付時間:午前9:00〜12:00 午後16:00〜19:00
                        日・祝休(研修及び講師活動で、急なお休みをいただくことが稀にございます。
                        必ず予約されてからお越しください。)
                        施術料初回:5000円 初見料1000円 合計6000円(税込)
                        2回目以降:5000円のみ(税込)

                        適応症の一例
                        腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、股関節痛、股関節の違和感、
                        膝の痛み、膝の違和感、慢性疲労、ムチ打ち、顎関節症、頭痛、オスグット、
                        野球肘、スポーツ傷害、テニス肘、ゴルフ肘、腱鞘炎、四十肩・五十肩、
                        生理彎曲調整、骨盤調整ほか

                        *施術は必ず国家資格を有する者が行います。
                        (理学療法士・鍼灸師)
                        良くなりたい方は今すぐ 
                          ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
                         電話:052−332−4171 
                        ビル裏駐車場あり(コインパーキング)
                        名古屋市中区、中村区、北区、港区、東区、昭和区、熱田区、名東区、守山区、
                        天白区、尾張旭市からも皆さん来院されています。
                        元気になったら何をしたいですか?
                        一緒に元気を取り戻しましょう!

                        *各種養生法や予防法の効果はやり方により、違ってきます。
                        必ず自己責任でお願い致します。



                        calendar
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << January 2019 >>
                        PR
                        患者さんの「自立」を促す整体です。セルフエクササイズ指導も行います。
                        強い痛みで苦しんでいる方、是非一度ご相談ください。ご相談・ご予約ダイヤル  052−332-4171まで。 午前9:00〜12:00 午後16:00〜19:00 日・祝休 地下鉄東別院 駅から北へ徒歩4分 得意分野 ぎっくり腰 慢性腰痛 膝の痛み  股関節の痛み 
                        膝の痛み
                        「先生、変形性膝関節症といわれたからもうだめでしょ?」 という質問をよく受けます。しかし、大半の方は施術後に改善が見られる・・・なぜでしょうか? 病院のレントゲンでは少しでも左右差があれば、それが原因であると言われてしまう傾向にあるようです。私は元々理学療法士なので分かります。当院ではあえていったん膝から離れ、改善する視点を変えています。 からだの軸と股関節のズレからくる膝の角度の問題。この調整で痛みはかなりの確率で良化していっています。お困りの方、一度ご相談ください。
                        「悪い動き」を改善することに特色のある整体です
                        患者さんが寝た状態だけではなく、「動いていただきながら」の修正ができる方法です。 歪み(=ゆがみ)の根本原因はやはり、その人の悪い動作(=悪習慣など 例 足を組む 横すわり あぐらをかく 偏った動きを伴うスポーツ)などにあります。 施術と正しい動きを取り戻すマンツーマンエクササイズを行うことで、再発しない身体 バランス作りをしていく整体院です。
                        リトルリーグショルダー
                        主に野球の子供さんが肘や肩の痛みで来院されます。 本当にその局部の負担が大きいケースもありますが、 意外にもからだの全身的な歪みに起因することも。私もそうでした。 一度痛みがひいても繰り返す痛み。投げるときだけ痛いケース。 一度ご相談ください。子供さんが苦しむ前に 原因をはっきりさせましょう!!
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        • 膝の痛み   43歳  男性   名古屋の整体院  Ken-整体研究所
                          りな (11/14)
                        • 運動パワーを実感。  名古屋の整体院  Ken−整体研究所  院長日記
                          鈴木りな (05/22)
                        • 週末スポーツ楽しみました!!
                          まくど (06/15)
                        • 週末の空手稽古 トレーニング
                          ハル (05/24)
                        • 骨盤のゆがみ デスクワーク  腰痛予防
                          グラサン (05/14)
                        recent trackback
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM