手指の痺れ 肩の痛み

0

     
    名古屋の中区からお越しの○川さん。

    右手の痺れと左肩の痛みでこられました。

    右手は昨年11月から違和感を感じていたそうです。

    思い当たる節としては、子供に手を引っ張られたとのこと。それから少しずつ痺れが

    出現した。

    左肩は最近になり、夜間痛が出てきた。

    診ると、右肩が左肩に比べ、はっきりと低くなっている状態。

    それで肩から胸辺りの筋肉の緊張が増し、神経を刺激していました。

    左肩は右をかばっていつもより過剰に数ヶ月使っていたことで、負担がきている状態でした。

    右肩の位置を整えて、土台である骨盤も調整することで劇的に改善し、ご本人もびっくりさ

    れていました。よかったですね。

    今後も症例報告として記載していきます。似たような症状でお悩みの方が身近に

    いらっしゃる方は参考にしてください。ご相談ダイヤル 052-332-4171

    Ken-整体研究所/木戸鍼灸治療院 







     


    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    PR
    患者さんの「自立」を促す整体です。セルフエクササイズ指導も行います。
    強い痛みで苦しんでいる方、是非一度ご相談ください。ご相談・ご予約ダイヤル  052−332-4171まで。 午前9:00〜12:00 午後16:00〜19:00 日・祝休 地下鉄東別院 駅から北へ徒歩4分 得意分野 ぎっくり腰 慢性腰痛 膝の痛み  股関節の痛み 
    膝の痛み
    「先生、変形性膝関節症といわれたからもうだめでしょ?」 という質問をよく受けます。しかし、大半の方は施術後に改善が見られる・・・なぜでしょうか? 病院のレントゲンでは少しでも左右差があれば、それが原因であると言われてしまう傾向にあるようです。私は元々理学療法士なので分かります。当院ではあえていったん膝から離れ、改善する視点を変えています。 からだの軸と股関節のズレからくる膝の角度の問題。この調整で痛みはかなりの確率で良化していっています。お困りの方、一度ご相談ください。
    「悪い動き」を改善することに特色のある整体です
    患者さんが寝た状態だけではなく、「動いていただきながら」の修正ができる方法です。 歪み(=ゆがみ)の根本原因はやはり、その人の悪い動作(=悪習慣など 例 足を組む 横すわり あぐらをかく 偏った動きを伴うスポーツ)などにあります。 施術と正しい動きを取り戻すマンツーマンエクササイズを行うことで、再発しない身体 バランス作りをしていく整体院です。
    リトルリーグショルダー
    主に野球の子供さんが肘や肩の痛みで来院されます。 本当にその局部の負担が大きいケースもありますが、 意外にもからだの全身的な歪みに起因することも。私もそうでした。 一度痛みがひいても繰り返す痛み。投げるときだけ痛いケース。 一度ご相談ください。子供さんが苦しむ前に 原因をはっきりさせましょう!!
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 膝の痛み   43歳  男性   名古屋の整体院  Ken-整体研究所
      りな (11/14)
    • 運動パワーを実感。  名古屋の整体院  Ken−整体研究所  院長日記
      鈴木りな (05/22)
    • 週末スポーツ楽しみました!!
      まくど (06/15)
    • 週末の空手稽古 トレーニング
      ハル (05/24)
    • 骨盤のゆがみ デスクワーク  腰痛予防
      グラサン (05/14)
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM