<< ぎっくり腰  33歳。女性。  名古屋市中区の整体院  Ken-整体研究所 | main | ぎっくり腰  63歳  男性  建設業  名古屋 中区 整体 Ken−整体研究所 >>

スポンサーサイト

0
    • 2018.10.12 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    Ken-先生の介護教室 嵜科屬蕕擦襤起こす」  名古屋市中区の整体院  Ken-整体研究所

    0
       こんにちは。

      今日も暖かいですね。

      そろそろ紅葉が綺麗ですね。

      今週末はどこかへ行きたいと思っています。


      今日からまた新たなコーナー、

      「介護教室」を開講したいと思います。

      これでも理学療法士の端くれ(あまり理学療法士

      っぽいことは行っておりませんが・・・(笑))ですので、

      在宅介護が増えてきたこともあり、少しでも介護されて

      いるかたの参考になればと考えました。すぐに使える

      本当に基本的な操作のコツ、ポイントを記載していこうと考えて

      います。


      今日は、起こし方と立ち上がらせ方。

      ちょっとした操作で自分も楽。相手も楽

      まず寝返り→座るまでの中でのポイントを幾つか。

      とにかく介護者にとって、一番つらいのは自分よりも

      自分より体格のよい人を介護するときです。


      アドバイスー分の足の重さを使う

      こちらへの寝返りの介助では、前かがみがひどくなり

      腰を傷めてしまうことがあります。そうならないように姿勢

      を良くし、後ろ足の勢いと重さを利用し、相手をこちらに

      転がすのです。↓こんな感じです。要は「片足を浮かす」

      のですね。






      アドバイス引いてダメなら押してみな法

      寝返りの介助をするとき、基本的には相手を自分の側へ転がす

      ので、腰〜背中の筋肉が疲労してきます。そんな時、気分転換

      を兼ねて
      、自分とは反対側へ転がしましょう。

      相手の股の間と、首の下に自分の肘から先を入れて準備完了。

      入れた肘を伸ばすと同時に、重心を前に移します。胸を張る

      感じといった方が伝わるかもしれません。こんな感じです。↓

      あまりベッドが狭いと、怖がりますので注意してください。






      アドバイスやじろべえ法

      次に起き上がり。これはよく知られるコツ。

      座り姿勢になるとき、やみくもに上半身を起こそうと一生懸命に

      なるのではなく、相手の下半身をベッドからはずすことで、全身に

      やじろべえのような働きがおき、上半身と下半身につり合いがとれ、

      上半身が起きやすくなります。↓





      今日はこんなところにしておきます。

      ご参考に。

      相手も楽。自分も楽な介護を目指しましょう!!

      *検査しても痛みの原因が分からない!!でも、十分に痛い!!
      からだの不快感が取れない!!なにかおかしい!!
      という方、一度ご相談ください。

      ご相談ダイヤル
      052332-4171

      <完全予約制>おかげさまで大変込み合っております
      住 所:名古屋市中区富士見町13−19 八木ビル3F 

       木戸鍼灸院内


      <名城線東別院1番出口から北へ4分>
      ビル裏駐車場あり(コインパーキング)

      受付時間:午前900〜午後1900  完全予約制
      日祝休

      施術料初回:6000円(初見料1000円込)
       2回目以降:5000円のみ(税込)

      適応症の一例

      腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、膝の痛み、慢性疲労、ムチ打ち、顎関節症、頭痛、オスグット、スポーツ傷害、テニス肘、ゴルフ肘、腱鞘炎、四十肩・五十肩、生理彎曲調整、骨盤調整ほか

      良くなりたい方は今すぐ 
               
      電話:052−332−4171 ビル裏駐車場あり(コインパーキング)
      名古屋市中区、中村区、北区、港区、東区、昭和区、熱田区、名東区、守山区、天白区、尾張旭市からも皆さん来院されています。
      元気になったら何をしたいですか?
      一緒に元気を取り戻しましょう!


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.10.12 Friday
        • -
        • 13:09
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>
        PR
        患者さんの「自立」を促す整体です。セルフエクササイズ指導も行います。
        強い痛みで苦しんでいる方、是非一度ご相談ください。ご相談・ご予約ダイヤル  052−332-4171まで。 午前9:00〜12:00 午後16:00〜19:00 日・祝休 地下鉄東別院 駅から北へ徒歩4分 得意分野 ぎっくり腰 慢性腰痛 膝の痛み  股関節の痛み 
        膝の痛み
        「先生、変形性膝関節症といわれたからもうだめでしょ?」 という質問をよく受けます。しかし、大半の方は施術後に改善が見られる・・・なぜでしょうか? 病院のレントゲンでは少しでも左右差があれば、それが原因であると言われてしまう傾向にあるようです。私は元々理学療法士なので分かります。当院ではあえていったん膝から離れ、改善する視点を変えています。 からだの軸と股関節のズレからくる膝の角度の問題。この調整で痛みはかなりの確率で良化していっています。お困りの方、一度ご相談ください。
        「悪い動き」を改善することに特色のある整体です
        患者さんが寝た状態だけではなく、「動いていただきながら」の修正ができる方法です。 歪み(=ゆがみ)の根本原因はやはり、その人の悪い動作(=悪習慣など 例 足を組む 横すわり あぐらをかく 偏った動きを伴うスポーツ)などにあります。 施術と正しい動きを取り戻すマンツーマンエクササイズを行うことで、再発しない身体 バランス作りをしていく整体院です。
        リトルリーグショルダー
        主に野球の子供さんが肘や肩の痛みで来院されます。 本当にその局部の負担が大きいケースもありますが、 意外にもからだの全身的な歪みに起因することも。私もそうでした。 一度痛みがひいても繰り返す痛み。投げるときだけ痛いケース。 一度ご相談ください。子供さんが苦しむ前に 原因をはっきりさせましょう!!
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        • 膝の痛み   43歳  男性   名古屋の整体院  Ken-整体研究所
          りな (11/14)
        • 運動パワーを実感。  名古屋の整体院  Ken−整体研究所  院長日記
          鈴木りな (05/22)
        • 週末スポーツ楽しみました!!
          まくど (06/15)
        • 週末の空手稽古 トレーニング
          ハル (05/24)
        • 骨盤のゆがみ デスクワーク  腰痛予防
          グラサン (05/14)
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM