<< 臀部の痛み  名古屋の慢性痛専門整体  Ken-整体研究所  052 332 4171 | main | ぎっくり腰にご注意を。  名古屋の腰痛専門整体  Ken-整体研究所 >>

スポンサーサイト

0
    • 2017.08.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    誰でもできる  腰痛対処法集  名古屋の慢性歪み解消ジム  Ken−整体研究所

    0

       

      腰痛にはいろいろなパターンがあります。


      1  筋肉の疲労からくる・・・「筋筋膜性腰痛」

      2  お尻の少し上にある骨の出っ張りが痛くなる・・・「仙腸関節炎」

      3  早朝にやってくる激痛・・・「ぎっくり腰」

      4  反ると痛い・・・「分離症、すべり症」

      5  腰痛に足の痺れが伴う・・・「椎間板ヘルニア」


      1  「筋筋膜性腰痛」は腰部周辺の筋を休めること。基本的に使い過ぎですからね。

      あと、おそらく普段の姿勢も悪いですから、四つん這い(=わんちゃんの格好で3分)

      や正座を多くすることで、「背骨のS字再調整」をしてください。


      2 「仙腸関節炎」は、座っているときに足を組まないこと。うつぶせでお尻の

      痛まない側の足を外へ挙げて(曲げて)寝ると楽なはず。さらにその格好で、伸ばさ

      れている痛みのある側の膝を曲げ伸ばしすると効果倍増。


      3 「ぎっくり腰」はとにかく動く方が良い。筋肉が弛み過ぎていますから、筋肉

      を使った方が良い。両足に座布団を挟んで横向きで寝ていれば痛みはひいてくる

      と思いますので、ひいてきた時点で四つん這いをひたすら行う。その後は正座で

      過ごす。正座も楽になった時点で家の中をひたすら歩く。やってはいけないことは、

      筋肉が緩む行為=アルコールの飲む、長時間の睡眠(いつもよりも)、マッサージ。


      4 「分離症、すべり症」は病院で既に診断されていると思いますので、まずはお医者さん

      の指示に従う。コルセットでの固定か腹筋の強化を課せられているはず。基本的には、

      簡単に言えば、「体を前に丸める動作」をやっていれば悪くはならない。


      5 「ヘルニア」は程度によって非常にリスクがありますので、病院での処置を既に行って

      いると思いますが、日常でできることは「睡眠をしっかりとる」ことです。体を横たえ

      ることで、椎間板への荷重が減り、回復しやすくなります。



      いろいろな腰痛に対する簡易対処法でした。

      少しでも参考になれば・・・。(簡単すぎて参考にならんかな〜 or  イラストが無いた

      め分かりにくかったらすいません。笑)


      Ken-整体研究所 http://www.ken-yuragi.com/index.html

      お電話ください → 052 332 4171



      スポンサーサイト

      0
        • 2017.08.18 Friday
        • -
        • 10:57
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        患者さんの「自立」を促す整体です。セルフエクササイズ指導も行います。
        強い痛みで苦しんでいる方、是非一度ご相談ください。ご相談・ご予約ダイヤル  052−332-4171まで。 午前9:00〜12:00 午後16:00〜19:00 日・祝休 地下鉄東別院 駅から北へ徒歩4分 得意分野 ぎっくり腰 慢性腰痛 膝の痛み  股関節の痛み 
        膝の痛み
        「先生、変形性膝関節症といわれたからもうだめでしょ?」 という質問をよく受けます。しかし、大半の方は施術後に改善が見られる・・・なぜでしょうか? 病院のレントゲンでは少しでも左右差があれば、それが原因であると言われてしまう傾向にあるようです。私は元々理学療法士なので分かります。当院ではあえていったん膝から離れ、改善する視点を変えています。 からだの軸と股関節のズレからくる膝の角度の問題。この調整で痛みはかなりの確率で良化していっています。お困りの方、一度ご相談ください。
        「悪い動き」を改善することに特色のある整体です
        患者さんが寝た状態だけではなく、「動いていただきながら」の修正ができる方法です。 歪み(=ゆがみ)の根本原因はやはり、その人の悪い動作(=悪習慣など 例 足を組む 横すわり あぐらをかく 偏った動きを伴うスポーツ)などにあります。 施術と正しい動きを取り戻すマンツーマンエクササイズを行うことで、再発しない身体 バランス作りをしていく整体院です。
        リトルリーグショルダー
        主に野球の子供さんが肘や肩の痛みで来院されます。 本当にその局部の負担が大きいケースもありますが、 意外にもからだの全身的な歪みに起因することも。私もそうでした。 一度痛みがひいても繰り返す痛み。投げるときだけ痛いケース。 一度ご相談ください。子供さんが苦しむ前に 原因をはっきりさせましょう!!
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        • 膝の痛み   43歳  男性   名古屋の整体院  Ken-整体研究所
          りな (11/14)
        • 運動パワーを実感。  名古屋の整体院  Ken−整体研究所  院長日記
          鈴木りな (05/22)
        • 週末スポーツ楽しみました!!
          まくど (06/15)
        • 週末の空手稽古 トレーニング
          ハル (05/24)
        • 骨盤のゆがみ デスクワーク  腰痛予防
          グラサン (05/14)
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM